スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁判員「プレッシャーで寝不足」=強姦致傷罪で懲役12年-前橋地裁(時事通信)

 群馬県内で女性に性的暴行をしたとして、強姦致傷などの罪などに問われた造園業福村翔太被告(26)の裁判員裁判の判決で、前橋地裁(石山容示裁判長)は25日、懲役12年(求刑懲役13年)を言い渡した。
 裁判員・補充裁判員経験者のうち、判決後の記者会見に出席したのは67歳の男性1人だった。男性は「性犯罪は難しいと考え、プレッシャーを感じた。寝不足になったが、率直に意見を出した」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
女性死亡で押尾容疑者追起訴=保護責任者遺棄致死
審理日未定の地裁ゼロに=新潟で公判期日決まる
父に暴行、被告に懲役9年=遺体写真審理後、裁判員解任
信頼度高いのはNHKと新聞=メディアに関する世論調査

女性警官の胸触りキスも=同僚の巡査部長停職-兵庫県警(時事通信)
銚子電鉄「デハ702」最後の旅 鉄道ファンら花道飾る(産経新聞)
千葉の光洋会が民再法の適用申請、双樹会に連鎖(医療介護CBニュース)
レーザー光で顔の染み抜きは医療行為 エステ店経営者ら逮捕(産経新聞)
<津市長選>24日告示 新人・岡野氏と現職・松田氏立候補(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。